JMU 建造の56,000型撒積船 "CAPE HENRY" が竣工



[ ジャパン マリンユナイテッド株式会社ホームページ ]

双日マリン アンド エンジニアリング株式会社が新造船建造契約仲介を行い、ジャパン マリンユナイテッド株式会社呉工場にて建造中でした 55,700DWT型撒積船 (H3339番船) が竣工し、パナマ船主 BASIC ETERNITY LINE S.A.社へ6月18日に引渡されました。

当日は船主、傭船者、造船所等の関係者多数参列の下、命名・引渡式が盛大に行われました。本船は「CAPE HENRY」と命名され、米州に向け勇躍処女航海の途につきました。

  • 本船は、高い汎用性、優れた貨物積載効率を持つ "Future 56" スープラマックス型バルクキャリアで、下記の特徴を備えています。
  • 省エネ装置として、船尾部に L.V. フィン(Low Viscous Resistance Fin)を装備し、推進効率の向上を図っています。
  • 多様な荷役条件に柔軟に対応するために、30トン吊りデッキクレーン4基を装備しています。
  • 主機関はコモンレール方式の電子制御式「DU-WÄRTSILÄ 6RT-flex50B」を装備しています。

[2013/07/18]

1307NB01JMU

このウィンドウを閉じる
© 2013, Sojitz Marine & Engineering Corporation, All rights reserved.